2015年4月11日土曜日

小ネタ実験: LTSpiceで9V電池の内部抵抗とリニアレギュレーターのシミュレーション

5V系と3.3V系の電源を9V電池で供給することを想定してシミュレーションしてみた

LTSpiceのVoltageコンポーネントには「Series Resistance「Ω」」というパラメータがあったので
これをいじってみた


赤色が9V電池からの出力電圧
緑色が5Vのリニアレギュレーターの78L05からの出力
青色が5Vから3.3Vのリニアレギュレーターを通した出力だ(3.3Vは手持ちにあるTLV1117を使おうと思っているが、LTSpiceにあったやつで代用)

負荷としては5V系はAVRの消費電流とOPAMPの消費電流とファンクションジェネレータとして出力する電流を足してだいたい100mAと見積もってシミュレーションしてみた
→出力電流が足りない可能性があるが実際にテストしてみて考える

電池から7Vぐらい出力ができてるうちは5V系も平気そうだが6.0Vぐらいでアウトになる

3.3Vのリニアレギュレーターはロードロップタイプなので5V系がへたってもがんばっている

78L05のシミュレーションにはltwiki.orgの

http://ltwiki.org/files/LTspiceIV/lib/sym/Robertugo/reg3all.asy
http://ltwiki.org/files/LTspiceIV/lib/sub/regulators.lib

をつかった

最終的にどうするかわからないが大きな破たんはなさそうなので
ブレッドボードで実験してから決めようと思います