2017年5月15日月曜日

OverDirve TS-OD1の設計

いつも適当な名前を付けていて後で呼び方に困っているので、今回は名前をつけてみた。その名も「TS-OD1」(^q^;

TubeScreamerを基本に、
ベースマシンで使いやすいように定数を多少変更。
対称ダイオードと非対称ダイオードをジャンパで切り替え可。
回路図

D3のダイオードをピンソケットで実装し、ダイオードを挿すかジャンパ線を挿すかで歪み方を切り替える。R1、R8、C4もピンソケットで実装するつもり。R1は入力レベル調整、R8、C4でクリッピング回路の増幅率(歪み方)と周波数特性を変えられる。

仮想GNDはオリジナルのように単にRで分圧しているだけ。

LTSpiceでシミュレーション


シミュレーション回路図

過渡解析

100Hz 1Vp-pのノコギリ波を入力して過渡解析した。Driveの値を変化させている。


AC解析

オリジナルに比べると、低域の減衰が少ない。

全体をブレッドボードで実験


電源部を含めて全体をつないでブレッドボードで実験してみた。

ブレッドボード配線図


9V電池を電源にしてみた。

出力波形


シミュレーションと同じように約1Vp-pのノコギリ波を入力してDrive POTを回して出力波形を測定してみた。

電源電圧:9.53V
電源電流:4.37mA

Level POT:最大
Tone POT:90%程度

Drive 20%程度

Drive 50%程度

Drive 80%程度

Drive 100%程度

メモ:


測定時は回路図にあるR15の10kΩとは別に、負荷抵抗として10kΩのRをつないでいる。