2015年10月25日日曜日

Arduino Pro Mini 328 3.3Vを秋月のFT232RL USBシリアル変換モジュールで使う

Arduino Pro Miniは3.3Vで動作するので3.3V系の回路の実験をするのに便利そうなので仕入れてみた。

普通のArduinoボードと違って書き込み用にUSB-Serial変換アダプタが必要だ。

SparkFunからほとんど専用みたいなボードも出ているが、手持ちに同じFT232RLを使った秋月のFT232RL USBシリアル変換モジュールキットがあったので使ってみた。

配線図


接続表

(色はブレッドボードのケーブルと合わせてあります)

FT232RLキットのジャンパーは
J1: 1-2ショート VIO 3.3V
J2: 1-2ショート USBバスからVCCに5V供給
にした。

LEDは別につけなくてもいいけど、UART通信の状態が見れるのでつけた方が安心かな?sinkなのでFT232RL側はLEDのカソードをつないでRを介してVCCにつなぐ。

Arduino IDE(1.6.4)の方も
ボード: Arduino Pro or Arduino Pro Mini
プロセッサ: ATMega328 (3.3V 8MHz)
ポート: <Arduino Pro Miniに割り当てられたポート>
に変更した。

ExampleのBlinkは動作した(^q^/

書き込み時のUART通信を見ると信号レベルも3.3Vになっている。J1の設定で変更されるのかな?(←未確認)

メモ:

秋月のFT232RLのキット(たぶん1年以上前に買った)にはんだ不良があって最初動かなくてハマってしまった。ピンヘッダと基板のはんだ付けが導通していなかった。はんだ付けはやっぱ電子工作の基本だ。昔のはんだ付けを見ると汚くて笑ってしまいます(^q^;;