2016年9月2日金曜日

ベースマシンのシーケンサ基板を作ってみた。


回路図

基板図

接続図

簡単そうな回路だったのでテスト表を作ってテストしなかった。Eagleの部品でaitendoの「CH12864F-SPI」の部品を自分で作って使ってみたが、ピンの順番(左が16番、右が1番)を間違えていて、はんだ付けしてから気づいた。

1、2か所はんだ付けし直して何とかなったが、あとから動作不良でチェックする場合にも役に立つのでやはりテスト表は作っておいた方がいい(←いましめ)

タクトスイッチはAlpsの12mm平方のものを使ってみた。足をまっすぐにする感じで整形すれば、ユニバーサル基板(秋月のC基板)にも挿して固定できた。ちょっと高いけど押し心地はいいと思う。

BPM設定用等にもう一つ基板を作る予定。