2016年9月16日金曜日

ベースマシン パターン切替スイッチをつける構想。

SDカードにパラメータを保存しようと思ってArduinoでSDカードの実験をしてみたが、そもそもシーケンスのパターンが切り替えられない。

いくつかスイッチを並べてパターンの保存、呼び出しをできればいいのだが、4x4のキーパッドを使ったことがあるのでこれを使ってみることを考えた。


32bit/384kHzのDACのPCM5102を使ったファンクションジェネレータを作った時にこのキーパッドは使ったことがあるので(「参考:オーディオ用DACを使ったファンクションジェネレータ」)とりあえずこの方向で考えてみる。

メンブレンで押し心地はあまりよくないが、タクトスイッチをマトリクスで配線すれば同等の機能は実装できる。

メモ:


Nucleoのピンが足りないので、UI制御系と音源のシーケンサーでMPUを分けることを考える。