2017年1月17日火曜日

470uFのコンデンサ比較

3桁電圧表示器[ST-VM036R]を使って電流計を作ることを考えたが、ブレッドボードで組んだ回路ににつないで、もう一度ノイズを測定してみた。

デカップリングコンデンサなし

縦軸は500mV/divなので、1.5Vp-p程度の激しいノイズが出ている。

100uFのOSコンでデカップリング

デカップリングなしのときとは、オシロの縦軸の縮尺が違う。80mVp-pのノイズが顕著。

470uFのOSコンでデカップリング

470uFのOSコンにしたら40mVp-p程度にまで抑え込めた。

1000uFや2000uFの電解コンデンサを入れた場合に比べるとノイズは増えているが、なんだこれは?よくわからん(@@;

ともかく、100uFではなく470uFのOSコンのほうがノイズが少なくなっていそうなので、470uFを使う方向で、470uFのケミコンの特性をDER EE/DE-5000で比較をしてみた。

以前にも470uFのケミコンを比較してみたが、OSコンの性能比較のため再度測定してみた。



TKが東信工業株式会社のもの(前回と同じ個体)、MuseがニチコンのMuseシリーズ、OSがPanasonic(SANYO)のSPECシリーズ

Capacitance(uF)                       


Frequency Muse#1 Muse#2 OS#1 OS#2 TK#1 TK#2
100 403.6 409.6 459.1 443.8 412.6 427.4
120 403.3 408 459.3 443.3 411.2 426.1
1000 386 390 448 433 388 402




<追記:2017.01.17>OS#2のデータの転記ミスしていたので、443→433に変更しました</追記>

Tan D                       


Frequency Muse#1 Muse#2 OS#1 OS#2 TK#1 TK#2
100 0.044 0.031 0.011 0.011 0.079 0.081
120 0.036 0.033 0.012 0.012 0.089 0.091
1000 0.119 0.102 0.041 0.048 0.503 0.521



ESR(Ω)                       


Frequency Muse#1 Muse#2 OS#1 OS#2 TK#1 TK#2
100 0.1 0.1 0 0 0.3 0.3
120 0.1 0.1 0 0 0.2 0.2
1000 0.04 0.04 0.01 0.01 0.2 0.2