2017年4月10日月曜日

ベースマシン ダンボールとダイソーのクリップボードで筐体を試作してみた。

ボンネット風にベースマシンの筐体を作ってみた。材料は

クリップボード×2: 216円(@ダイソー)
蝶番: 250円ぐらい(@ホムセン)
ゴム足: 60円(@秋月)
蝶番の穴経に合ったボルト/ナット
アマゾンや秋月の箱
ガムテ/メンディングテープ

斜めから

上から

上面はUI系の基板を並べている。

ボンネットをあけたところ

ボンネットの中にはシンセ本体と電源を格納。

後ろから

一応、家具用の蝶番で固定している。蝶番に付属の木ネジでは薄いプラ板に固定できないので手持ちのM2のボルト・ナットで固定した。ダンボールの方は木ねじで固定(もちろんスカスカです)

外部からのアクセスはACアダプタ用のDCジャックと音声出力用のRCAジャック。底面にネジ頭がでているので、滑らないようにゴム足を付けている。

小学生の夏休みの工作レベルだが、机の上に乗るサイズになった。

さすがに強度的に不十分なので崩壊したら木板で枠をつくってみることにする。