2015年11月9日月曜日

シーケンサー基板 CQ出版のPSoC 5LP基板で動作確認(メモ)

UARTではなく、シーケンサー基板からの送受信値をパラレルのキャラLCDに表示するようにして、I2CコンポーネントをUDBではなくFixedにしたら動作した。


TopDesign

I2CコンポーネントはUDBモードだとクロックとリセットの入力が必要みたいだが、Fixedモードだといらないみたいだ。Clock_1とRST_1はモード切替の残骸です。

DWR Pins


PSoC Creatorのプロジェクト
https://github.com/ryood/RhythmMachine/tree/master_test/Master_PSoC5LP_Test/PSoC/Sequencer_Board__Test/Sequencer_Master_CQ_PSoC5LP.cydsn

メモ:


  • I2CコンポーネントをUDBモードにすると動作が異常に遅くなる。