2015年11月9日月曜日

シーケンサー基板 PSoC 5LPで動作テスト

マスターのファームウェアをPSoC 5LPにそのまま移植しようとするとなかなか上手く動いてくれないのでシーケンサー基板単体でテストした。

CQ出版のPSoC 5LP基板


この基板はProgram用と通信用の2つのUSBポートがあるが、通信用の方がPCで認識しない。
(接続音もでない)

PSoC 5LP Prototyping Kit(USBUARTコンポーネント)


こちらもProgram用と別に通信用のmicroUSBポートがついている。USBUARTコンポーネントのを使って制御するようだ。PCに接続すると認識はされるが、ドライバがインストールできない。

PSoC Creatorのプロジェクトのフォルダー下に「USBUART_1_cdc.inf」というファイルができるのでこれをインストールするらしいが、Windows 8ではドライバに署名がないとインストールできない。

Microsoft Certified USB UART Driver
http://www.cypress.com/documentation/software-and-drivers/microsoft-certified-usb-uart-driver

から署名付きのドライバを落としてインストールしてみたがどう使うのかよくわからない。

調べるのも疲れてきたので保留。

PSoC 5LP Prototyping Kit(UARTコンポーネント)


UARTコンポーネントは、KitProg経由でデカい方のUSBコネクタ経由でUART通信ができるのでこれを使った。

配線図


SCL,SDAは4.7kΩでプルアップ


PSoC Creatorのプロジェクト
https://github.com/ryood/RhythmMachine/tree/master_test/Master_PSoC5LP_Test/PSoC/Sequencer_Board__Test

「ARM PSoCで作るMyスペシャル・マイコン」にUARTに出力するprintf(書式付き)の関数があったので使わせてもらった。

PSoC 5LP Prototyping Kitでシーケンサー基板単体では無事動作させることができた(^q^/

メモ:
PSoC 4とPSoC 5LPでは使えるコンポーネントがかなり違うので移植作業は結構大変(@@;