2016年7月26日火曜日

OPAMPチェッカー(生き死に判定)の実験

OPAMPが生きてるか死んでるか手軽にチェックできないか妄想してみた。ググると「Op-Amp Tester」がヒット。

仮想GNDを作るTLE2426を使っていて、こんなのRで分圧してOPAMPの2回路あるうち1個使ってバッファリングすればええやん~

と思ってLTSpiceでシミュレーションしてみたのだがどうもうまくいかない(^q^;

回路図

過渡解析

電源の内部抵抗を変えてシミュレーションしてみて、一番上のV(vcc)-V(vee)が電源電圧。明るい水色の6.5Vあたりの電圧で、2段目のV(vref)を見ると-1.2Vあたりに来ている。

V(vled)はLEDにかかる電圧で、1.6VあたりならLEDが点灯するはず。しかし、水色の線は-3.0V以下を指している。

これはもう線形性が保たれていないのは確実なので、素直にTLE2426を使って電源と検査対象物を分けることにした。

ブレッドボード図
壊れてないTL072

壊れてるTL072

壊れてるのは識別できた(^q^/