2017年11月10日金曜日

Minmax MAU106とNJM2396で±5V電源を作る


ブレッドボード配線図

+6V入力は秋月の6V ACアダプタを使った。

コモン・モード・チョークを入れると出力波形がきれいになるので入力に入れている。

NJM2396からの+5V(Digtal +5Vと表記)には、47Ωの酸金を2本並列にして負荷とした。(約213mA)

MAU106からの±5V(Analog +5V/-5Vと表記)には、それぞれ100Ωの酸金を負荷とした。(約±50mA)

Digital +5V


出力電圧:4.70V

出力波形(AC結合

Analog +5V/-5V


出力電圧:+4.75V/-4.74V

出力波形(AC結合)

ch1:Analog +5V ch2:Analog -5V

Analog +5V/-5Vは、5V/3.3V安定化電源Ver.2を電源としたときより悪くなっている。

表面温度


NJM2396

15分で22.2℃から29.2℃に上昇。

MAU106

15分で22.35℃から35.75℃に上昇。

とりあえず作ってみてKIK01の電源として使ってみるつもり。問題が出たら別の手を考えます。