2015年6月26日金曜日

2出力のヘッドホンアンプの検討 TPA6139A2編

TPA6139A2、1個だけで並列にヘッドホンとイヤホンをつないで音出ししてみた

ヘッドホンはSONY MDR-CD900ST(インピーダンス63Ω)、イヤホンは型番は忘れたがPanasonicの2000円ぐらいのやつ(たしかインピーダンスは32Ωぐらいだったと思う)

TPA6139A2、1個だけでも音量は十分(^q^/

この2つのヘッドホンなら出力レベルのバランスも調整しないで良さそうだ

タブレットでMP3を再生して聴いても歪んでるかどうかよくわからないので(^q^;
どこまで歪まないで出力できるか調べてみた

出力レベルのチェック

TPA6139A2はPin12につなぐR値で出力Gainを調整できるようだ

WaveGeneで1kHzのサイン波を出力して、このR値を変更しつつオシロで波形を見てみた


出力負荷は47ΩのRで代用

GAIN値はDATASHEETに載ってる表の値をだいたいで換算した

マイナスの値になっているのは反転出力のため

47kΩ: GAIN -1.5(V/V)ぐらい

33kΩ: GAIN -2.3(V/V)ぐらい

22kΩ: GAIN -2.5~-3.0(V/V)ぐらい

15kΩ: GAIN -3.5(V/V)ぐらい

12kΩ: GAIN -4.0(V/V)ぐらい

10kΩ: GAIN -4.5(V/V)ぐらい

ノイズは相当ひどいが(^q^;±1.5V(p-p)ぐらいまで歪まないで出力できるみたいだ

15kΩのとき±1.8V(p-p)ぐらいだが下側がちょっと歪んでる感じだ

電源電圧が3.3Vの単電源なので中で相当頑張って出力を上げてるんだとう思う

3.3Vに安定化しないでもそこそこ動作するなら単4×2でいけるかな?