2015年6月9日火曜日

ぴゅんぴゅんコントローラー2号の検討

ジョイスティックのつまみ(?)の部分は引っ張ったら外せた


2センチ角の角穴をあけられればケースの内側から取り付けられそうだ

ケースの素材はポリカーボネートらしいのでまた穴あけの練習するか(^q^;

POT 3個のうち1つぐらいは通信機用のにできるかなと思ったがスペース的にきつそうかな?

実装方法

タクトスイッチの下側の部分とジョイスティックの基板の上面までの高さが大体同じぐらいなので
基板に実装してしまっても大丈夫かもしれない

ユニバーサル基板の上面からタクトスイッチの押す部分の上面までがだいたい8mm

ユニバーサル基板の上面からジョイスティックの基板の上面までがだいたい4mm

なのでケースに取り付けるためのネジは4mm+ユニバーサル基板の厚さ1.5mm+ケースの板厚2mm=7.5mm以上、ケースの内部の高さが15㎜なのでそれ以下

スペーサーは4㎜以上、6㎜以下で5㎜ぐらいがいいのか?

う~ん、スペーサーはなくてもケースに取り付けるねじ止めを慎重にすれば大丈夫かな?


POTの取り付け用に基板をカットするとして、あと2個ぐらいタクトスイッチをつけられそうだ

が、アナログ5本(→これもI2Cを使うとArduinoではアナログ入力のPortAの線数が足りなくなる)

デジタルで6本になるので5+6=11なので手持ちの10線のフラットケーブルでは足りない

アナログ線はGNDと含めてやった方がノイズに強くなりそうなので(よくわかりませんが(@@;

アナログ系列とデジタル系列でラインを分けるような感じでやればいけるかな?