2017年8月24日木曜日

Dual OTA VCA 基板設計

回路図

基板図

部品並べ

今回は、ICの下の隙間にV+のラインとV-のラインを通してGND線は外側に巡らすようにしてみた。

まだもう少し配線の手間を減らせるように粘れるかもしれないが、デバイスの配置と配線の具合が絡んでいて、どっちがはんだ付けが楽かなど悩みだすとキリがない。

こういう正解があるのかないのかわからないけど、ゴールはある程度決まっている問題はAIの方がつようそうなんだが。

ちまちま配線を考えるのも楽しいと言えば楽しいし、ユニバーサル基板のはんだ付けの脳内シミュレーションになるので、これはこれでいいのかもしれない。

ぼちぼちはんだ付けしていきます。