2014年12月10日水曜日

実験用の可変安定化電源 ケース内配線

ケース内の配線をした




だいたいうまく動いているようだが
AVRのADCの読み取り値が一部おかしい

今日は疲れたので
次回、全体をちゃんととテストしてみることにする

電流測定の新作戦


パーツ屋さんのWebサイトを物色していたら
よさげなモジュールを見つけた

秋月電子

INA219使用 電流センサーモジュール(カレントセンサー)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08221/

Strawberry Linux

LTC6102 高精度アナログ電流測定モジュール
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=12056

INA226 I2Cディジタル電流・電圧・電力計モジュール
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=12031

電流測定用のシャント抵抗(しかも0.002Ω!)とセンシングICを使って
I2Cで出力したり、電圧に変換してくれるというモジュールだ

どちらにしてもATMega328PのPIN数で正負電圧・電流が計れそうだ

サイズも小さいのアナログ部の基板と差し替え出来そう

が、正負2枚必要なので2000円以上かかる(^q^;

現状で完成させて使ってみてどうしても正負電流を計りたくなったら考えてみることにする