2015年9月19日土曜日

ロジックICでクロックノイズを低減する AVRとロジックICは電源を分けないとだめそう

AVRのPWMの出力周波数を上げられるようにしたので、MHzレベルで測定してみた。


74HC04

AVRとロジックICの電源を分けて測定した。

  • AVR: USB(AVRのプログラマからの給電)
  • 74HC04: 自作の5V-3.3V安定化電源(5V出力)

赤色:AVRのPWM出力 黄色:74HC04を通した

2MHzだと波形の平坦な部分に乗っているクロックノイズより、立ち上がり、立ち下がり時のオーバーシュート、アンダーシュートが目立ってくる。

どっちがいいか判断が難しい。
→AVR直接の出力にもPOTを入れて減圧できるようにすればいいか?うーん。

拡大

波形の上側

波形の下側

拡大してみると波形の平坦な部分のノイズは確かに減っている

同一電源

ロジックICもAVRと同じUSBからの電源にしてみた。

波形の上側

波形の下側

別電源にしたときと比べるとノイズがあんまり抑えられていない(@@;

AVR用のリニアレギュレータ回路とは別に、ロジックIC用のリニアレギュレータ回路を入れたら改善したりするかな?