2015年9月2日水曜日

ロジックICでクロックノイズを低減する TLE2426を使って分圧

ロジックICでありかなしかを整えるのはありそうな気がするのでもう少し実験してみた

要件としては

  • GNDレベルを矩形波のHとLの中点に持ってこれるか?
  • 出力を十分にドライブできるか?

ということにした。

ブレッドボード図
左下の「Square wave Fun Gen」という基板はこのあいだ作った「矩形波だけのファンクションジェネレーター」だ

今回テストしたのは「74HC125」で矩形波を整形してつつ、レイル・スプリッターのTLE2426を使って仮想GNDを作ってみた


赤色が「矩形波だけのファンクションジェネレーター」の出力、黄色が今回の回路の出力

ブレッドボードボード図の通り1kΩの負荷を入れてみた(信号線<->GND)

クロックノイズはほぼ除去されているし、波形も整形されているようだ。


矩形波の出力を500kHz出力にしてみる

むしろ整形されて好ましい波形になってる感じだ。

出力レベルの調整用に1kΩ程度のPOTを入れることにすれば測定対象の入力インピーダンスが10kΩぐらいまでなら大丈夫そうだ